Hou-Rei

常に学ぶ心は大切にしています。

I want to value the heart that I always learn.

 メディカルハーブコーディネーター 認定

     (日本メディカルハーブ協会)

ホリスティック医学コース 基本科修了

     (ホリスティックヘルス情報室)

クリスタルヒーラー 認定

                (アロハワレアセラピースクール)

ホリスティックヘルス塾インストラクター 認定

     (日本ホリスティック医学協会)
サイキック開発、スピリチュアル自己開発 認定

     (Keith Behan, Elaura)

ホリスティック ケアコース 認定

​     (Christine Page, Elaura)

メンタルケア スペシャリスト 認定
     (一般社団法人 メンタルケア協会)

認知症こころのケア研修 認定

​     (一般社団法人 メンタルケア協会)

宝麗・Hou-Rei

自然と戯れるのが大好きな活発な子供でした。

物心がついた時から、一人の空間を探しては祈りを行っていました。

しばしば私に光を送ってくれる存在がいました。

子供の頃の私は、自分一人の心の中だけで密かに私にとって大切な存在がいる

ことを感じていました。

ちょっと変わった子供でした。

特に霊的体験をするわけでもなく、霊感が強いわけでもない。

ただ、人とは違う感覚をもっていることを子供ながらに感じていました。

誰に教わるわけでもなく、一人の時間をみつけては、”祈り”を捧げていました。

また、周囲の人の話に耳を傾ける”傾聴”を日課としていました。

それでも、ごくごく普通の家庭で普通の生活を送っていました。

幼い頃からいままでやり続けていることは、”祈りと傾聴”です。

​30年以上続けています。

大学は薬学を専攻しました。

薬学修士課程修了後は、東京大学薬学部薬学研究科で研究員として働きました。

「なぜだろう?」という自然に沸き起こる素朴な疑問を追求することが好きでした。

この時に出会った仲間とは、共に切磋琢磨し心身を高め合う、大切な私の宝となりました。

その後、結婚を機に大好きな研究職から離れ、薬剤師として活動を開始しました。

年間約1万人超のカウンセリング、傾聴を実施。

老人施設での訪問薬剤師としての活動が、私の転機となりました。

高齢者の悲壮感、孤独感に耐えきれなかったのです。

そこでは、その人の今までの歴史が一切かき消されていました。

そこだけの生活だけでは、息がつまってしまいますよね。

外との繋がり、人とのつながりがなければ。

私はこの時に、“つながりの大切さ"を痛感しました。

とても私の心は怒りでいっぱいでした。

こういう環境が存在していることに対して。

怒りの感情をきっかけに“人と人、人と環境を結ぶ” を企業理念とした法人を設立。

2015年、高齢者と子供の交流を図る公共事業を開始しました。

この頃から、今まで行ってきた“祈り”の質が変わり、

対象が公(周囲のみんな)になるにつれ、目に見えない無限の力が働くことを実感しています。

この時、私は無我夢中でした。気がつくと私自身が精神的・肉体的疲労困憊の状態。

そんな時に現れたのが、ソウルメイトの彼でした。

彼は幼少の頃から目に見えない世界とコンタクトができる霊感のある人です。

彼は私に「君と僕はソウルメイトだよ。」と告白してきました。

それまで、全くソウルメイトの事など夢にも思っていなかった私にとって

とても大きな衝撃でした。

そろそろ自分の幸せに目を向けてもいいんじゃないか?

彼は私の幸せを願い、鑑定師としての立場で私と共に歩みを始めました。

また、同時期に有能な指導者や能力者との出会いがありました。

スピリチュアルな事柄やホリスティックの視点、祈りについて学ぶ機会を得て、

現在、宝麗(Hou Rei)として活動を始めることになりました。

西洋占星術のホロスコープは、その人自身の人生の道筋をしっかりと描いています。

私自身をみてみると、法人設立の時期、ソウルメイトとの出会いの時期、

魂の浄化の時期、宝麗(Hou Rei)として歩み始める時期などもホロスコープに見ることができます。

私はとても感じる力を大切にしていますが、同時に論理的な裏付けも大切にしています。

今私が感じる感覚とそれを外から見た自分。第三者的な目線をホロスコープは与えてくれます。

また、未来をどのように進めばいいのか?自分の感覚と同時にその裏付けも与えてくれます。

人生を歩んでいく上で、一つの指標として役立つ手段であると思います。

【自分の感覚と裏付け】

ただ、それに頼りすぎては自分の感覚が見失われる時もあります。

一番はやはり、自分の魂の声を聞くことを大切にしていただきたいと思います。
心を軽くし、魂に意識を向けることが大切であると思います。

  

魂に意識を向けて見えてくるもの

【ありのままの自分で生きる】

そして

【一人一人が自分の柱を立てこの社会で生きていくこと】

【SOULを感じながら愛と平和そして健康と癒しのある暮らし】

これが幸せを感じる、とても大切なことであると感じています。

皆さまとこのような暮らしを共に送ることができますことを願っております。

 

An active child who loves to play with nature.

From the time I was aware, I was searching for a space and praying.

Often there was a light that sent me .

As a child, I felt that there was something important to me in my own heart alone. However, I am not particularly inspired.

I felt like a child that I had a different feeling from people.

I wasn't taught by anyone, and when I found one time,

I offered "prayer". In addition, the daily routine was to listen to the people around me. Still, he lived a normal life in a very normal home.

What I have been doing since I was young is “prayer and listening”.

Continued for over 30 years.

 

 

The university majored in pharmacy. After completing the Master of Pharmacy, I worked as a researcher at the Graduate School of Pharmaceutical Sciences, the University of Tokyo. I liked pursuing the simple, natural question of "why?" The friends I met at this time became important treasures to work hard together to enhance my mind and body.

After marriage, I left my favorite research job and started my activity as a pharmacist.

Counseling and listening to more than 10,000 people annually.

 

 

My activity as a visiting pharmacist at a nursing home was a turning point.

I couldn't stand the tragic and lonely feelings of the elderly. There, the entire history of the person was erased. If you live alone there, your breath will be suffocated. If there is no connection with the outside and no connection with people.

At this time, I realized the importance of connection. My heart was very full of anger. For the existence of such an environment.

Inspired by the feelings of anger, we established a corporation based on our corporate philosophy of “connecting people and people and the environment”.

 

 

In 2015, we established a home for the elderly and children to establish an exchange between the elderly and children. Started running public works.

From this time, the quality of the “prayer” that I have been doing has changed, and as the subject becomes public (everyone around me), I realize that invisible and infinite power works.

 

At this time, I was crazy. When I noticed, I was in a state of mental and physical exhaustion. At that time, he appeared as a soul mate. He is an inspired person who can contact the invisible world since childhood. He has confessed to me, "You and I are soulmates." Until then, I had no dream of being a soul mate at all, so the impact was so great for me.

Isn't it time to look at my happiness? He wished for my happiness and appeared before me as an appraiser. At the same time, I met many abilities. He taught me a lot about the invisible world and received a lot of guidance.

 

 

Western astrology horoscopes describe the path of one's own life. Looking at myself, I can see the time of establishment of a corporation, the time of encounter with a soul mate, the time of purification of the soul, and the time to start walking as an appraiser. I value the ability to feel very much, but at the same time value logical support. The feeling I feel now and myself who saw it from the outside. The horoscope gives a third-party perspective. Also, how do you go about the future?

I think it is a useful tool as an indicator in your life.

[My sense and support]

However, if you rely on it too much, you may lose sight of yourself.

First of all, I would like you to place importance on listening to the voice of your soul.

I think it is important to lighten your mind and focus on your soul.

――

[Living, healing and healthy life while feeling SOUL]

We hope that we can live together with you like this.

|                          |                           |
|                  |                               |

               宝麗 SHINIG SOUL  
Copyright © shining soul.jp All Rights Reserved.