【4.極限状態の時に彼は現れてくれた】

[4. He appeared during

extreme conditions]

 

怒りの感情をきっかけに法人をつくり、公共事業を開始することになった。

 

この出来事はとても骨の折れる仕事であった。

 

一方で、実家の家族は私の無謀とも言える活動に協力をしてくれた。

 

実家の家族が、一致団結して行動してくれ、生き生きしている姿を

 

見ることができた。このときはじめて、事業をやって良かったと

 

心から思った。

 

「実家の家族に対し、本望を遂げた。」と感じることができた。

 

一方で、正直、体も心も極限まで達していた。

 

そんな時に、ツインソウルの彼は現れてくれた。

 

私の心に安定をもたらしてくれた。

 

それと同時に、別の次元への移行に私を迎え入れようとしていた。

 

この頃になると、元夫とはまったく別の道を歩み始めていた。

 

そろそろ私も次のステップを踏んでいかないといけないという流れを感じていた。

 

ツインソウルの彼との見えない繋がりは、ますます強まるばかりであった。

 

あなたを困らせてしまうかもしれない。

 

でも、どうか聞いて欲しい。

 

こんなに誰かを想った事、今までなかったよ。

 

だからこそ、本当の自分をきっと見せられていないんだよね?

 

目の前にいるとどうしても空回りしてしまう自分がいる。

 

臆病な自分なんて見せたくない

 

かっこ悪いところなんて見せられないって…

 

でもそれで、困らせてしまってるんじゃないの?

 

このまま何も変えないでいることが良いわけない。

 

そんな風にも考えて、辛くなってしまうこともある。

 

ねぇ、こんな気持ちに気付いて欲しいって思っているんだよ。

 

こんな言葉でしか伝えられない気持ちがあるんだね。

 

ねぇ、聞いてもらえる?

 

大切にしまい込んでいたこの気持ち…。

 

 

魂のざわめきをどうにかコントロールしなければならない葛藤する日々が続いていた。

 

もう止めたい。こんな苦しい思い。

 

魂が振り回され、どのようにツインソウルの彼と接していけば良いのかわからなくなっていた。

 

魂のざわめきに翻弄されるのがきつかった。

 

だから、彼との関係をやめにしようと私は一度腹をくくった。

 

これ以上進展も見込めない、優柔不断な状態を続けておくのは

 

意味がないと思ったから。そして、私は彼に告げた。

                              

「私は、あなたに連絡を取ることをこれで最後にしたいと思う。」

 

彼は翌日返事を送って来た。

 

「麗、今僕は仕事が手につかないくらい頭が真っ白になっているよ。

 

麗、本当にそのような決断をするの?君がそうすると決めたのなら

 

僕は無理に関係を続けようとは言えないよね。」

 

                             

-つづく-

In response to her anger, she formed a corporation and started public works.

 

This was a very painful job.

 

On the other hand, my family helped me with my reckless activities.

 

You can see the family members of your parents' family acting together and alive

 

did it. For the first time, I was really glad that I was doing business.

 

"I have achieved my desire for my family at home."

 

On the other hand, to be honest, my body and mind had reached the limit.

 

At such time, he appeared from Twin Soul.

 

It has brought stability to my heart.

 

At the same time, I was trying to welcome me to another dimension.

 

By this time, he had started a completely different path from his ex-husband.

 

It was time for me to take the next step.

 

The twin soul's invisible connection with him was only getting stronger.

 

It may bother you.

 

But please ask.

 

I've never thought of someone like this before.

 

That's why you're not showing your true self, right?

 

There is one who inevitably spins when in front of me.

 

I don't want to show my timid self

 

I can't show you anything cool

 

But why are you bothering me?

 

It is not good that nothing is changed.

 

Thinking like that, it can be painful.

 

Hey, I want you to notice this feeling.

 

There is a feeling that can only be conveyed in such words.

 

Hey, can you hear me?

 

This feeling that was cherished ...

 

 

The days of struggling to control the murmur of the soul continued.

 

I want to stop it. Such a painful thought.

 

The soul is swung and I know how to get in touch with him in Twin Soul

 

Is gone. It was hard to be at the mercy of the soul.

 

So I got hungry once to try to stop his relationship with him.

 

To keep the indecisive state where no further progress can be expected

 

I thought it didn't make sense. And I told him.

 

"I want to finally contact you."

 

He sent a reply the next day.

 

"Rei, now I'm so blank that I can't get a job.

 

Rei, do you really make such a decision? If you decide to do so

 

I can't say I'm going to force my relationship. "

 

-to be continued-

|                          |                           |
|                  |                               |

               宝麗 SHINIG SOUL  
Copyright © shining soul.jp All Rights Reserved.