【1.それは、陽だまりだった】

私たちソウルメイトの出会いはメールを通しての出会いだった。

 

あの出会いから色々なドラマがおき、互いに惹きつけあい、拒否しあい、、、。

 

そのような中でも、私たちは一度も連絡を途切れさせることはなかった。

 

なぜだろう?

 

それは、どうなるかわからない未来をとにかくひるむことなく

 

精一杯前を向いて歩んでいたからだと思う。

 

会いたい…というその想いだけで、愛というそのパワーだけで。

 

互いが互いに向けてできうる精一杯の思いやりと励ましあいがそこにはあった。

 

頭で思い描く未来と目の前に横たわっている現実のギャップに悶えながら…。

 

そして常に鑑定師と相談者という立場の違いと過ごしてきた環境の違いに

 

押しつぶされそうになっていた。

 

確かに感じる【愛】という温もりだけを頼りにひたすら前をみて歩むしかなかった。

 

出会って3ヶ月程、彼は私に続けて何度かメールをくれた。

 

その間、私はなにか違和感を感じていた。この方、特別な感情を私に対し

 

持っているのではないだろうか?

 

女の勘が働いていた。

 

そんな彼から一通のメールが届いた。

 

その時、私はなんとも言えない不思議な感覚に包まれてしまった。

 

私はあなたにすごく温もりを感じます。

 

陽だまりに包まれる様な感じ…

 

あなたは素敵ですね。

 

こんなにも人を幸せにできるのですから。

 

あなたがそばにいてくださったら

 

どんなに心強く、幸せでしょうか?

 

こんなメールを私は思わず彼に送っていた。

                            –つづく–

1. It was shiny spot

I met him via email.

 

Attract each other, refuse each other, and move forward together.

 

My relationship with him was that repetition.

 

There is a big difference between the world in which he is involved and the reality lying in front of him,

 

I was always struggling with that gap.

 

She was struggling to understand this feeling, which was difficult to express in words.

 

Although invisible, there was a certain warmth and love between them.

 

About three months after I met, he emailed me several times.

 

During that time, I felt something strange.

 

"He has special feelings for me, right? 』

 

I can't explain it well, but it's a woman's intuition.

 

He sent me his usual email again.

 

I think it was a content to exchange greetings.

 

At that time, I was surrounded by a mysterious feeling that I couldn't believe.

 

I feel very warm to you.

 

Feeling like being wrapped in sunshine…

 

You are nice.

 

You can make people so happy.

 

If you are near me

 

How reassuring and happy are you?

 

I was inadvertently emailing him with these words.

                              -to be continued-

|                          |                           |
|                  |                               |

               宝麗 SHINIG SOUL  
Copyright © shining soul.jp All Rights Reserved.